管理が行いやすい

農業ソリューションとは簡単に言えばITを駆使した情報共有になりますので、農業の管理が行いやすくなります。農業は広大な土地を活用することになりますので、管理がとても難しいだけではなく、情報共有もとても難しいのです。例えばとなりくらいであれば何をしているのか分かりますが、隣町の農家が何をしているのか把握している人はそうそういません。つまり、道具等もすべて自分で用意しなければならないのです。

もしもですが、他で自分が使っていた道具等のニーズがあれば使ってもらうことだって出来ます。少し情報共有することで農業が各段に合理的になるのです。それまでは土地と人間の問題であった農業を、土地も人間も情報を共有することによって必要な道具や状況等の把握が容易に行えるようになりますので、結果、農家の方々の負担軽減にも繋がるのです。

農業は決して楽な作業ではありません。だからこそ軽減出来る部分は軽減した方が良いのは言うまでもありません。農業ソリューションであればそれらが可能になりますので、従来の個人と土地との問題であった農業に、合理性が付与され、「共有」という概念をもたらすことが出来るので農業ソリューションは期待されているのです。

技術の蓄積になります

農業の難しさの一つに後継問題があります。後継者がいないだけではなく、どのようにそれまでの農業技術を後継させるのかがとても難しいのも農業の特徴でした。農業そのものがアナログなものです。そのため、技術や経験を伝えるのが難しく、どうしても「見て盗む」しかなかったのです。

先輩の作業する姿を見て自分自身で何が良いのかを判断し、経験にしていくしかなかったのですが、農業ソリューションであれば技術を共有した上で蓄積出来ますので、後継者問題を解決出来るとの期待が寄せられているのです。農業従事者にとって、経験や勘は仕事で身に着けるものです。

教えられても経験が伴わなければなかなか上手くは発揮出来ないのですが、一方ではいきなりその場に放り込まれても何をすれば良いのか分からないジレンマがあるのも事実です。農業ソリューションであればとりあえず知識だけは蓄えられますので、あとは自分自身で経験するだけで自分自身の糧となるのです。後継問題に悩まされている農業業界ですが、農業ソリューションにより問題を解決出来るかもしれない期待に包まれているのです。また、後継問題のみならず、我が国の農業の発展にも寄与出来るのではないかとの期待もあるのです。

生産性を高めます

農業ソリューションの強みは生産性を高める点にあります。これまで農業はどうしても土地の持ち主の独断で農業を行っていました。経験があるからこそ、自己流が最適解だとされてきたのですが、農業ソリューションを活用することによって、より良い方法を模索出来るのです。

農業の世界に於いて、何より大切なのは天気です。天気を見誤るとそれまでの努力も無駄になってしまいます。悪天候が予想されているなら悪天候への備えも大切になるのですが、それらの情報も農業ソリューションで共有出来るのです。悪天候時の被害を最小限に留めたり、良い方法を見つければそれも共有する。

これらの情報共有により、農業をより円滑に行えるのです。農業はいわば各々のスキルに頼って来たものです。経験によってノウハウを得られる世界ですので、天候も経験則によってある程度予測出来るようになっている農家も多いのですが、一方でそのハードルの高さのおかげで農業を新規で行う人がおらず、後継者不足の問題も寄与することとなっているのですが、農業ソリューションで情報を共有することにより、農業のスキルがまだまだそこまで高くはない駆け出しの農家であっても、情報共有のおかげで様々なことが可能なのです。

農業ソリューション

農業ソリューションという言葉があまり耳慣れないという人もいれば、農業関係者であれば既にご存知でしょう。農業ソリューションとは、言葉からも分かるように農業に関してのクラウド活用になります。農業といえば土地を活用して農作物を栽培し、販売するものです。

我が国が近代化を成し遂げるまでは国の基幹産業でしたし、近年に於いても日本国内、特に首都圏を除けば農業に従事している人が多いのではないでしょうか。農業は法律によって守られている部分もあります。やはり天候等によって左右されるだけに、努力が一瞬にして不意になってしまう可能性もありますし、生産性という点ではどうしてもIT関連と比較すれば高いとは言えません。

だからこそ法律によって守られてきた部分もあるのですが、近年は農業の世界にもITの波が押し寄せています。これまでのようにアナログで管理するのではなく、デジタル技術を駆使し、農業も出来る限り効率よく行おうとするもの、それが農業ソリューションです。農業従事者は高齢者が多いので、他のデジタル産業のように急速に広まるのではなく、じわりと増えつつあるのも特徴ですが、一方ではまだまだ農業ソリューションに対して協力的ではなく、従来の方法で良いとする農家の方々もいるなど、まだまだこれからのものでもありますが、農業ソリューション歯具体的にどのようなメリットがあるのか。メリットを知れば農業ソリューションへの印象も変わるはずです。