技術の蓄積になります

農業の難しさの一つに後継問題があります。後継者がいないだけではなく、どのようにそれまでの農業技術を後継させるのかがとても難しいのも農業の特徴でした。農業そのものがアナログなものです。そのため、技術や経験を伝えるのが難しく、どうしても「見て盗む」しかなかったのです。

先輩の作業する姿を見て自分自身で何が良いのかを判断し、経験にしていくしかなかったのですが、農業ソリューションであれば技術を共有した上で蓄積出来ますので、後継者問題を解決出来るとの期待が寄せられているのです。農業従事者にとって、経験や勘は仕事で身に着けるものです。

教えられても経験が伴わなければなかなか上手くは発揮出来ないのですが、一方ではいきなりその場に放り込まれても何をすれば良いのか分からないジレンマがあるのも事実です。農業ソリューションであればとりあえず知識だけは蓄えられますので、あとは自分自身で経験するだけで自分自身の糧となるのです。後継問題に悩まされている農業業界ですが、農業ソリューションにより問題を解決出来るかもしれない期待に包まれているのです。また、後継問題のみならず、我が国の農業の発展にも寄与出来るのではないかとの期待もあるのです。